自分で考えること・口にすることの大切さ|西宮・今津で塾・学習塾をお探しなら自習塾WillBe

お問い合わせ・ご予約はこちら LINE追加はこちら

自分で考えること・口にすることの大切さ|西宮・今津で塾・学習塾をお探しなら自習塾WillBe

自分で考えること・口にすることの大切さ|西宮・今津で塾・学習塾をお探しなら自習塾WillBe

2021/03/02

自分で考えること・口にすることの大切さ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます!

西宮・今津にある自習型の学習塾、自習塾WillBeです!

 

今日は自分で考えることの大切さ、その考えを口にすることの大切さについてお話させていただきます。

 

 

人間は、目標がないとなかなか努力が持続しにくいものです。

その中でも特に、遠い未来の目標は現実性もなく心では想っていても実際の行動には結びつかないこともしばしばあります。

さらにその目標が自分で決めたものではなく、保護者や先生らから押し付けられたものであれば余計に努力は続きません。

 

しかし、これを持続させる方法がいくつかあります。

まず、大前提として大切なことはその目標が「自分で決めた」ものであることです。

先ほども述べたように他人に押し付けられたものでは、間違いなく努力は続きません。

自分で「こうなりたい!」や「この高校(大学)に進学したい!」という強い気持ちが必要なのです。

 

では、どうすればこの目標に向かってする努力が持続するでしょうか?

それは、その目標を紙に書き、常に目のつくところに掲示し、毎日その目標を口にすることです。

声に出すというのは、自分の意識を常にそちらに保つためです。

良い意味で自分にプレッシャーを与え続けることで「何としてでもやり遂げるんだ!」という想いを持ち続けることができます。

その目標を口にするところを他人に見せる必要はありません。

それは周囲から不必要なプレッシャーがかかってしまいます。

自室など自分一人の環境で、自分に言い聞かせるように口にするのが一番良いです。

 

ぜひ試してみてください!

 

当塾では、入塾時に自信の目標を紙に書いてもらっています。

その紙は保護者の方にもお見せしません。

塾と生徒だけが見ます。

 

塾側は生徒の目標を把握し、適切な指導を重ねていくために目標を見せてもらいます。

決してプレッシャーをかけることはせず、目標への道筋作りをサポートします。

 

見学や無料体験は随時募集しています!皆さまのお問い合わせをお待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。